託児所を開設する際のメリット・デメリット/行政書士ふたば事務所(東京、神奈川、千葉/埼玉、群馬、栃木)

行政書士ふたば事務所(東京、神奈川、千葉/埼玉、群馬、栃木)|託児所を開設する際のメリット・デメリット

託児所を開設する際のメリット・デメリット

これから託児所を開設したいという場合、選択肢としては認可を受けた保育施設とするか、認可を受けない施設とするかのふたつの道があります。たとえば、保育園や保育所と呼ばれている形態の保育施設は国や各地方自治体などの認可を受けて運営を行っている保育施設となっています。
保育施設としての認可を受けるためにはさまざまな基準をクリアしなくてはなりませんが、認可を受けている保育施設の場合、行政からの手厚い助成を受けられるという点が大きなメリットとなっています。しかし、その半面で保育施設を運営していく上でさまざまな制約を受けることになり、保育施設の運営者の希望通りに施設を運営していくことが難しいというデメリットがあります。
それに対して認可を受けていない託児所などの施設では国や各地方自治体からの手厚い助成には期待できませんが、その半面で施設を運営していく上で比較的自由な運営をすることができるというメリットがあります。

行政書士ふたば事務所が提供する基礎知識と事例

託児所を開設する際のメリット・デメリット|行政書士ふたば事務所(東京、神奈川、千葉/埼玉、群馬、栃木)

ページトップへ