酒類の販売業免許/行政書士ふたば事務所(東京、神奈川、千葉/埼玉、群馬、栃木)

行政書士ふたば事務所(東京、神奈川、千葉/埼玉、群馬、栃木)|酒類の販売業免許

酒類の販売業免許

ビールや日本酒などのアルコールを含む飲料を販売するには、酒類の販売業免許が必要になります。アルコールを含む飲料は、身体の成長などへの影響から、法律で未成年者が飲むことを禁止しています。さらに、未成年者に飲ませたり、販売することも禁止されています。こうしたことから、酒類を販売するには免許を必要としているというわけです。また、飲酒運転や酒酔い運転も、法律上禁止されており、重い罰則が設けられています。酒類を販売するということは、そういったことと少なからず関わりを持つことになるため、誰でも行えるようにはなっていなく、免許制が採用されています。
この酒類の販売業免許を取得するには、申請書を記載して役所へ提出しなければなりません。ただし、それにはある程度の知識が必要になります。そのため法律の専門家である弁護士や行政書士に依頼するケースがよく見られます。そして、申請書の記載に問題がなければ、酒類の販売業免許を取得することができます。

行政書士ふたば事務所が提供する基礎知識と事例
  • 総務省の入札参加総務省の入札参加

    総務省では公共インフラ、通信などの整備を管理しています。総務省が発...

  • 高度医療機器販売許可高度医療機器販売許可

    世の中では、様々な医療機器や医療用具が販売されています。その中でも...

  • 建設業の開業建設業の開業

    勤務している会社から独立開業をする方が多いのが建設業です。この業種...

  • 許認可申請の流れ許認可申請の流れ

    許認可申請を行っていくためには、業種やこれから展開される事業を確認...

  • 許認可の種類許認可の種類

    許認可は特定事業を行うために行政機関に対して申請を行い、得ることが...

  • 宅建の許可申請宅建の許可申請

    建物を新規で建設するには、土地を用意しなければなりません。土地は購...

  • 高度管理医療機器等の販売・貸与に必要な手続きとは高度管理医療機器等...

    高度医療機器の販売、貸与を行うためには、事前に許可の取得が必要です...

  • 千葉県の建設業許可に強い行政書士をお探しの方千葉県の建設業許可...

    建設業を営む場合、元請け人だけではなく下請人も建設業法に基づく建設...

  • 解体工事業を始めるには解体工事業を始めるには

    解体工事業を始めるには、建設業の許可、または解体工事業の登録を受け...

酒類の販売業免許|行政書士ふたば事務所(東京、神奈川、千葉/埼玉、群馬、栃木)

ページトップへ