建設業許可 神奈川県/行政書士ふたば事務所(東京、神奈川、千葉/埼玉、群馬、栃木)

千葉県の建設業許可に強い行政書士をお探しの方/建設業許可 神奈川県

建設業許可 神奈川県に関する基礎知識記事や事例

建設業許可 神奈川県に関する記事は一時的に表示しておりません。
建設業許可 または 神奈川県に関する記事を表示しております。

建設業許可 または 神奈川県に関する基礎知識記事や事例
  • 千葉県の建設業許可に強い行政書士をお探しの方千葉県の建設業許可に強い行政書士をお探しの方

    建設業を営む場合、元請け人だけではなく下請人も建設業法に基づく建設営業許可が必要となります。ただし、政令で定められた軽微な建設工事だけを請け負う場合、許可は不要となります。 軽微な建設工事とは、...

  • 建設業許可の要件建設業許可の要件

    建設業の許可を受けるには、5つの要件を全て満たしていなければなりません。 第1の要件は、営業所内に一定期間以上の経営の管理責任業務に従事した経験を持つ者がいることです。どのような人物が該当するか...

  • 公共工事の入札参加申請するには公共工事の入札参加申請するには

    公共工事の入札参加申請にはいくつかの条件を満たす必要があります。 その主なものは、建設業許可と経営事項審査を受けていることです。 建設業許可とは、「建設工事の完成を請け負うことを営業するには、...

  • 解体工事業を始めるには解体工事業を始めるには

    解体工事業を始めるには、建設業の許可、または解体工事業の登録を受ける必要があります。 許可と登録では、工事の請負額によってどちらが必要か変わってきます。 建設業許可は、建設工事全般を行うための...

  • 建設許可申請建設許可申請

    建設工事を請け負うために必要な許可が建設業許可です。請負代金が500万円未満なら取得の必要はありませんが、取得しておくと信用が増して業務を拡大につながります。許可を取得するには、一定期間の経験が...

  • 建設業の開業建設業の開業

    勤務している会社から独立開業をする方が多いのが建設業です。この業種で独立開業をする際には建設業許可を受けることが必要です。なぜなら、この許可を受けていないと請け負うことができない工事があるからで...

  • 建設許可証取得建設許可証取得

    建設許可証を取得するまでの流れを述べると、まずは必要書類を全て用意した上で建設業許可の申請を行います。申請は、1つの都道府県のみに営業所を設置する場合は都道府県知事に宛てて、2つ以上の都道府県に...

行政書士ふたば事務所が提供する基礎知識と事例
  • 建設業許可の要件建設業許可の要件

    建設業の許可を受けるには、5つの要件を全て満たしていなければなりま...

  • 就労ビザ申請就労ビザ申請

    日本に在留している外国人は、全部で27種類ある在留資格のいずれかの...

  • 学生ビザ取得期間学生ビザ取得期間

    日本の出入国管理制度では、外国人が日本でする活動を類型化して、30...

  • 文科省の入札参加文科省の入札参加

    文科省は、おもに国立大学法人や独立行政法人の施設や設備を管理してい...

  • 許認可申請を行政書士に依頼するメリット許認可申請を行政書...

    許認可申請を行うために必要な書類の整理や図面の用意などは非常に手間...

  • 酒類販売業者とは酒類販売業者とは

    酒類販売業者とは文字通り、消費者に対してお酒を販売することを生業と...

  • 建設許可申請建設許可申請

    建設工事を請け負うために必要な許可が建設業許可です。請負代金が50...

  • 酒類の販売業免許酒類の販売業免許

    ビールや日本酒などのアルコールを含む飲料を販売するには、酒類の販売...

  • 入札参加資格申請を行政書士に依頼するメリット入札参加資格申請を...

    入札に参加し、公共工事の業務を公共機関から受注するには、入札参加資...

千葉県の建設業許可に強い行政書士をお探しの方|建設業許可 神奈川県

ページトップへ