国交省の入札参加/行政書士ふたば事務所(東京、神奈川、千葉/埼玉、群馬、栃木)

行政書士ふたば事務所(東京、神奈川、千葉/埼玉、群馬、栃木)|国交省の入札参加

国交省の入札参加

国土交通省では国道を管理しています。そのため国道の工事をする場合や、国道を新規で作る場合などには建設会社に、その工事を依頼することになります。そして建設会社が工事を受注するには、入札をしなければなりません。入札をした上で、一番安い金額で工事を受注してくれる建設会社に、国交省が工事を発注することになります。
入札に参加するには、工事を行う地域を管轄する国交省の出先機関に足を運びます。そして、窓口に行き、入札に参加したい旨を伝えて、必要書類を提出します。この必要書類には、受注金額や工事に必要な日数などが記載されています。書類の作成には法律の知識が必要になるため、弁護士や行政書士に依頼をして作成してもらう建設会社が多いです。
一番安い金額を提示した当選した建設会社は、契約書を交わします。この際にも法律の知識が必要になるため、弁護士や行政書士に頼む建設会社が多い傾向にあります。

行政書士ふたば事務所が提供する基礎知識と事例

国交省の入札参加|行政書士ふたば事務所(東京、神奈川、千葉/埼玉、群馬、栃木)

ページトップへ