入札制度とは/行政書士ふたば事務所(東京、神奈川、千葉/埼玉、群馬、栃木)

行政書士ふたば事務所(東京、神奈川、千葉/埼玉、群馬、栃木)|入札制度とは

入札制度とは

入札制度とは、地方公共団体などの公共機関が民間企業向けに業務を発注する制度のことを指します。
入札の案件は、工事や建築だけでなく、企画や運営、備品の購入、通信機器の管理など業務の種類は多岐にわたります。
公共機関の財源は税金によって賄われているため、少しでも良い企業を選定しなければなりません。
そのため、多数の企業が参加することのできる一般競争入札と呼ばれる方法が一般的に用いられています。

一般競争入札とは、公共機関が入札情報を公示し、不特定多数の参加者を募り、希望者同士が競争をして、最も有利な条件を提示した企業と契約するという入札方法のことです。
メリットとしては、平等性が担保されているため、実績がない企業も参加しやすいことが挙げられます。
一方で、価格競争が起こるため利益があまり出ない場合があるというデメリットもあります。

他にも、指名競争入札、随意契約といった入札方法が存在します。
指名競争入札とは、業務を発注する公共機関側が、入札に参加することのできる企業を決定し、その企業を指名して入札を行うという方法です。
参加できる企業が限定的でであるため、過去に実績がないと参加することが難しい場合があります。

随意契約とは、公共機関が特定の企業を選定し、直接契約を結ぶ方法のことです。
少額である場合、競争入札で企業が決定しない場合などに行われます。

入札には、参加資格や制度について知識が必要となります。

行政書士ふたば事務所は、千葉を中心に関東で幅広く活動しています。
入札制度に関してお困りの際は、お気軽にご相談ください。

行政書士ふたば事務所が提供する基礎知識と事例

入札制度とは|行政書士ふたば事務所(東京、神奈川、千葉/埼玉、群馬、栃木)

ページトップへ